まめちニュース

ダイナースのブラックカード

      2016/02/18



モッピー!お金がたまるポイントサイト

ダイナースのブラックカード

ダイナースのブラックカード。ダイナースの普通カードに入会(ダイナース公式ページでその場でわかる事前入会チェックが可能)している方の中から選ばれた人にだけインビテーションが送られるダイナースのブラックカード



少し話が変わります。みなさん、モッピーはもう使っていますか?約600万人(なんと人口の5パーセント!)が利用する、1ポイント=1円の、とてもわかりやすいお小遣い稼ぎの無料ポイントサイトです。私はずいぶん長く使っているのですが、1万はスグ、1ヶ月あれば10万、短期で100万はちょっと厳しいか、という感じです。普段の買い物やアンケートでも貯まりますし、一件で1万円近くになる案件も頻繁に出てくるので、ちょこちょこチェックしていたら、私の場合は初月で10万円を超えました。使って損はないサービスなので、お小遣い稼ぎに興味があったら、ぜひ見てみてくださいね。モッピーはこちらです。以上、情報コーナーでした。話を戻します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト




このダイナースのブラックカードの正式名称は、ダイナースプレミアムカードといいます。ブラックの券面デザイン、特に2016年にCITIのロゴが外れてからの券面デザインは品があり、多くのダイナースファンに支持されています。

ダイナースのブラックカードの取得難易度

ブラックカードとしては、アメックスのブラックカードである、アメックス・センチュリオンカードと双璧をなすといわれますが、実際のところ、この先はどうなるかはわかりませんが、現時点では、ダイナースのブラックカードすなわちダイナースプレミアムカードの方が断然取得しやすいです。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

とは言っても、ほとんどの場合は、ダイナースの普通カードに入会して、それなりの決済を続ける必要派ありますが。ほとんどの場合と書いたのは、いくつかの例外があるからで、エアライン提携のダイナースのブラックカードなどは最初から入会申し込みができたり、医師の集まる会合などではダイナースブラックカードのブースがあったりもするからです。


ダイナースのブラックカードの招待状(インビテーション)

ダイナースブラックカード招待状(インビテーション)は、当初は、箱の中にワインボトルとベネフィットガイドが納められたものでした。

CITIに買収されてしばらく経って、この箱が、普通の封筒の招待状(インビテーション)に変わり、この頃からダイナースのブラックカードは取得しやすくなったと言われています。

今後、CITIから三井住友トラストクラブに発行会社が変更になり、招待状(インビテーション)にも変化が訪れるかもしれませんね。情報が入り次第、当サイトでも記事にしたいと思います。

ダイナースのブラックカードとアメックスのブラックカード

ブラックカードとしては、アメックスのブラックカードである、アメックス・センチュリオンカードと双璧をなす、先ほどそのように書きましたが、これはイメージの話。

実際のところ、ここ10数年で見る限りは、ダイナースのブラックカードの方が取得難易度は圧倒的に低いです。そもそも、アメックスのブラックカードであるセンチュリオンカードは日本ではほとんど発行されていません。

これには、ダイナースが普通のカードとブラックカードの二種類しかないのに対して、アメックスはブラックカードの前にプラチナカードが存在することに起因すると思われます。

現実には、クレジットカードに詳しい方の中でダイナースのブラックカードと比較されがちなのは、このアメックスのプラチナカードであることが多いです。

ダイナースのブラックカードは大金持ちしか持てない?限度額は?

ダイナースのブラックカードは大金持ちしか持てないのでしょうか?

ダイナースのブラックカードは、大金持ち「」持っている、これが正確な答えでしょう。現在のダイナースのブラックカードは、サラリーマンでも持っている方が多くいます。

大きな違いは、その限度額だと言えるでしょう。アメックスの場合もそうですが、ダイナースの場合も普通のカードであれブラックカードであれ、一律の限度額ではなく、それぞれの利用実績に基づいて限度額が設定されます。この辺りは、上限が決まっている他のカードとは異なるところです。

ですから、戦車が買えるほどの限度額がある方もいれば、ロレックスが買えるくらいの限度額の方もいると考えてよいでしょう。

余談ですが、ブラックカードだから普通のダイナースよりも高い限度額だとは限りません

ダイナースプレミアムカードの券面デザイン2016

2016年にCITIから三井住友トラストクラブに発行会社が変わって、ダイナースの普通カードもダイナースのブラックカードであるダイナースプレミアムカードも、券面デザインが変わりました。

これまでは右上にCITIの文字が大きく入っていましたが、これが無くなったのが、共通して言える券面デザインの変更点です。そして、ダイナースのブラックカード(ダイナースプレミアム)の方は、真ん中に入っていたプレミアムの文字がホログラフに変わり、また、全体の色味が以前よりも深い黒に変更になりました。

ダイナースブラックカードの年会費

ダイナースのブラックカードの年会費は、アメックスのプラチナカードと同じ13万円+税です。

これも、ダイナースのブラックカードとアメックスの(センチュリオンではなく)プラチナカードが、しばしば比較される一因と言えるでしょう。

以上、ダイナースのブラックカードダイナースプレミアムカードについてざっくり見てきました。何かのお役に立てましたら幸いです。

クレジットカード関連記事:
アメックスプラチナと年収
プラチナカードへの道
アメックスプラチナを解約した理由
アメックスセンチュリオン
アメックスプラチナカード乱発スタート
ダイナースプレミアムはプレミアム?
審査ゆるゆる迷走中!ダイナースプレミアムカード
ブラックカードと芸能人
アメックス審査の裏情報
ステータスカードランキング
カードローン比較サイトの落とし穴
ダイナースのブラックカード
アメックスのゴールドカードのステータス
アメックスゴールドカードの審査
クレジットカードの限度額
クレジットカードのステータス



[編集長のお小遣いコーナー]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - クレジットカード, 芸能人・有名人, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , ,