まめちニュース

コレステロールを下げる方法

   



モッピー!お金がたまるポイントサイト

「コレステロールがたがいやづはいねがー?」・・・。健康診断の結果、コレステロールが高いと出てしまった皆様へ捧げる悪玉コレステロールを下げる方法です。ラクしてコレステロールを下げる方法として辿り着いたのは、以下の5つ。



少し話が変わります。みなさん、モッピーはもう使っていますか?約600万人(なんと人口の5パーセント!)が利用する、1ポイント=1円の、とてもわかりやすいお小遣い稼ぎの無料ポイントサイトです。私はずいぶん長く使っているのですが、1万はスグ、1ヶ月あれば10万、短期で100万はちょっと厳しいか、という感じです。普段の買い物やアンケートでも貯まりますし、一件で1万円近くになる案件も頻繁に出てくるので、ちょこちょこチェックしていたら、私の場合は初月で10万円を超えました。使って損はないサービスなので、お小遣い稼ぎに興味があったら、ぜひ見てみてくださいね。モッピーはこちらです。以上、情報コーナーでした。話を戻します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト




・DHAとEPAでコレステロールを下げる
・クエン酸や酢でコレステロールを下げる
・シイタケでコレステロールを下げる
・えごま油でコレステロールを下げる
・カキ(タウリン)でコレステロールを下げる

DHAとEPAでコレステロールを下げる

コレステロールを下げる方法王道DHAEPA。皆さんもサプリメントとして聞いたことがあるのではないでしょうか。DHAとEPAは青魚(サンマやイワシ、アジなどの背中が青い魚)に多く含まれる成分です。DHAとEPAは必須脂肪酸と言われ、必須と付いていながら体内では作り出すことができず、食べ物から摂取しなければ不足してしまうのです。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

このDHAとEPA、悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールを減らすだけでなく善玉コレステロールであるHDLコレステロールを増やす働き、そして、中性脂肪の合成を押さえる働きもあります。


また、DHAEPAは、テレビや雑誌の健康特集などでしばしば取り上げられるように血液をサラサラにする成分としても有名で、コレステロールや中性脂肪に悩む人の救世主とも呼ばれる存在と言えるでしょう。

DHAとEPAの問題は、青魚を多く食べる50代以上の人でも厚生労働省が推奨する量を摂取できないことです。DHAとEPAについては、食生活に青魚を取り入れるだけでなく、サプリメントで補助することが、コレステロールを下げる方法第一の選択肢と言えるでしょう。

クエン酸や酢でコレステロールを下げる

コレステロールを下げる方法として、やはりよく聞くのが「」の摂取です。酢の大手メーカーであるミツカンの研究では、酢に含まれる酢酸がコレステロールを下げる効果があることが判明しています。

体内にある(酢酸)はクエン酸になり、体内にある脂肪分を生命維持に必要なエネルギーに変化(燃焼)させてくれます。これは、クエン酸サイクルと呼ばれます。中性脂肪を減らすことでLDLコレステロールを下げることになるので、コレステロールを下げる方法として抑えておきたいところです。

同じ酢でも「黒酢」「リンゴ酢」などの方が、クエン酸が多く含まれるので、こうした酢を使った食品を多く摂取することを心がけたり、奥の手としては、クエン酸自体を購入して水に溶かして飲んでしまうという方法もアリです。

ただし、クエン酸には、歯のエナメル質を溶かしてしまう作用もあるので、クエン酸を飲んだあとには必ず口をすすぐようにしましょう。コレステロールを下げる一方で、知覚過敏になってしまっては悲しいですからね。

シイタケでコレステロールを下げる

キノコ類は健康の大様として知られるように、低カロリーでありながら多くの身体によい成分を含んでおり、中性脂肪コレステロールを下げるのに有効な食品です。

コレステロールを下げるうえで抑えておきたいのは、キノコの中でも、しいたけです。しいたけには、コレステロールの排出に有効な食物繊維が多く含まれると同時に、肝臓での中性脂肪の生成を抑えるナイアシンという成分を多く含んでいます。中性脂肪が減ることでコレステロールを下げることが可能になります。

また、ナイアシンだけでなく、しいたけにはエリタデニンという成分も豊富で、これもコレステロールを下げるのに有効であることがわかっています。

えごま油でコレステロールを下げる

えごまというのはシソよりも少し大きめの葉をつけるのが特徴の、シソ科の植物です。このえごまの種からとれるのが、えごま油。大き目のスーパーなどで目にすることができます。

えごま油は、α-リノレン酸という必須脂肪酸をとても多く含んでおり、この成分がコレステロールを下げるのに非常に効果があります。悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを下げると同時に、善玉コレステロールを増やしてくれることがわかっています。

えごま油は、加熱することにより酸化しやすいという難点があります。ですから、サラダやカルパッチョなど、加熱せずに用いることが、コレステロールを下げるコツになります。

カキ(タウリン)でコレステロールを下げる

海のミルクという異名を持つカキは、人に必要な栄養素を非常に多く含む食品です。コレステロールを下げるという観点から言えば、カキに含まれるタウリンに注目です。

タウリンには、血中コレステロールの排出を促す効果が強くあります。また、コレステロールを下げるだけでなく、中性脂肪を減らす効果も見逃せません。なお、カキは生で食べることがタウリンを残さずとる一番の方法ですが、加熱した場合でも汁まで残さず飲んでしまえば、タウリンを大量に摂取することができます。

コレステロールを下げる方法まとめ

以上、様々なコレステロールを下げる方法をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。ものぐさな方には、EPA+DHAのサプリに加えてクエン酸または酢の摂取を日常化しつつ、食生活を少し気にしてみるという感じでしょうか。

なお、コレステロール値が高い方の中には、遺伝性の体質の方や、甲状腺の病気などが疑われる場合もありますので、健康診断(血液検査)の結果、医師との相談が必要と判定された方は、必ず医師の指示を仰いでくださいね。



[編集長のお小遣いコーナー]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - メンタルヘルス・健康, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , , , ,