まめちニュース

審査が甘いキャッシングはある?

      2016/06/24





さまざまなキャッシング会社が乱立する現在。一般に、クレジットカードのキャッシングに比べて、キャッシング専門の会社(アコムやプロミスなど)の場合は、利息が低く、いざ!というときに頼ることのできる存在です。

今回は「審査が通りやすい(審査が甘い)キャッシングはあるの?」と題して、審査が通りやすいキャッシングはあるのかについて、見ていきたいと思います。なお、具体的なキャッシング会社については、キャッシングやカードローンの比較サイトなどをご覧ください。






一緒に読まれている記事→お金を借りてみた


モッピー!お金がたまるポイントサイト

審査が通りやすいキャッシングはあるのか?

結論から申し上げると、特段に審査が通りやすいキャッシングというのはないと思ってよいでしょう。

----------
途中休憩。アメプラやダイナースプレミアムの取得や使い倒し用の資金は、給料だけでは足らないので、 このツールを使って投資で稼いでいます。有名なので、今さらという方もいらっしゃるかもしれませんが。
----------
あと、現在は株でも、 こちらの無料体験を利用して様子見中です。成績はまたご報告しようと思っています。話を元に戻しますね。
----------

ですが、以下で申し上げるような、「審査が通りやすい(審査が甘い)キャッシング」として「利息が高めのケース」や「限度額が低いケース」の場合は、他のキャッシングに比べると審査が通りやすいと言えなくもありません。また、キャッシングの審査の手続きが簡単なケースも、ある意味では審査が通りやすいと考えることもできます。

キャッシング会社は直接にお金を貸し出す商売です。お金を貸してくれやすい友人や貸してくれにくい友人のように、個人とは比べられず、それで「着実」に利益を出していく必要があるからです(言うまでもありませんね)。

キャッシングの審査に通ったあと、返済に特別な口座が不要だったり、多くのコンビニATMから手数料が無料で返済できたり、即日融資といって、ある時間までに審査に通ればその日のうちにお金を借りることができるなど、利便性が高いということはあります。即日融資の場合は、無人契約機を使えば、審査に通った時間に限らず、すぐにお金を借りることができるキャッシング会社もあります。

審査が通りやすいキャッシング=手続きが簡単なケース

審査の手続きが簡単なケースを審査が通りやすい(審査が甘い)キャッシングと考えた場合をみてみましょう。これにはいくつかのケースがあります。

まず、収入証明書が不要なケースです。多くのキャッシング審査で収入証明書が不要とのなるのは、申込み限度額が一定の限度額以下の場合に限られています。収入証明書の多くは源泉徴収表だったり、数か月分の給与明細(多くは直近3ヶ月)だったりしますが、こうした書類を用意する手間を省けるぶん、審査が楽という考え方です。

ですが、こうした場合のほとんどは、在籍確認(在確)といって、実際に働いているかどうかを勤める会社やバイト先に確認の電話が入ります。確認の電話といっても、個人名でかかってくる場合がほとんどですので、バレないか心配という方も問題ないでしょう。

また、こうした在籍確認(在確)と同時に、当然ですが、過去に、キャッシングだけでなくカードローンやクレジットカードの支払いなどの延滞などがなかったか、自己破産を含む債務整理がなかったかなどは調べられます。

一部のキャッシング会社では、在籍確認や収入証明書の代わりに、会社員などに発行される保険証の写しや写真をスマホなどで撮影してメールなどでキャッシング会社に送ることで審査の材料にする場合もあります。なお、これらの代わりに、社員証などの写真が審査に使われることもあります。

アルバイトやパートの場合で、月の労働時間が一定以下の場合は、国民健康保険になり、会社に在籍している(勤務実態がある=安定した収入を得ている)証拠にならないので、在籍確認や先にあげた収入証明書などが必要になるケースが多いです。

ここまでが、審査が通りやすいキャッシング手続きが簡単なケースとして考えた場合です。次に、審査が通りやすいキャッシング=限度額が低いケースを見てみましょう。

審査が通りやすいキャッシング=限度額が低いケース

審査が通りやすいキャッシングというのを、限度額が低い場合と考えて見ましょう。これは当然のことで、先の審査が通りやすいキャッシング=手続きが簡単なケースで見たように審査の手続きが簡単な場合は、最初のキャッシング限度額が低めに設定されることが多いです。

キャッシング会社もきちんと返済してくれることを確認したうえでキャッシングを利用してもらうことが大前提となります。万が一、返済が滞った場合を考えて、限度額を低めに設定して審査を通すことが多くあります。

ですが、きちんと返済実績をつんでゆけば、限度額を上げてもらえるキャッシング会社が多いのも事実で、これはあなたの信用がアップしたと考えてよいでしょう。

つまり、キャッシングの審査に通りやすいようにするためには、申込みの時点でキャッシング限度額を低めに設定するというのがひとつのコツになります。だいたい、5万円や10万円を目安にするとよいといわれています。すでに与信が高い(信用が高い)場合は、限度額が高いほうが利息は低くなる傾向がありますから、このあたりは、ご自身の過去の返済実績や利用実績、また、提出できる書類との相談になります。

ここまでをまとめると、限度額を低く設定して申込みをすることで、審査が通りやすいキャッシングと考えることができます。

手続きが簡単なケース、限度額が低いケースとして、審査が通りやすいキャッシングとみてきました。次は、利息が高めのケースを審査が通りやすいキャッシングとしてみてみましょう。

審査が通りやすいキャッシング=利息が高めのケース

利息が高めのケースを審査が通りやすいキャッシングと考えるのは、限度額を低めにしてキャッシング審査を行うというのに非常に近いです。

キャッシング会社のリスク管理ですね。必然的に、過去の利用実績が優良(きちんと返済してきた実績があるなど)や属性が高い(正社員など)場合は、限度額が高めになりますが、はじめてのキャッシング審査を含め、そうでない場合は、そうである場合に比べて限度額が低めになる(低めの方が審査に通りやすい)ことが多いです。

なお、限度額を高めに設定して審査に出しても、その限度額よりも低めに設定されて審査に通ることもあります。

利用実績などは、個人信用情報機関といって、これまでの返済実績を確認できる機関があり、キャッシング会社はその情報を確認することができます。これは大きな審査の材料になります。

次は、最後になりますが、注意が必要な審査が通りやすいキャッシングのケースを、念のため見ておきましょう。

ブラックOKのキャッシングには要注意!!

これまでみてきたような内容を審査の材料にするキャッシング会社の場合は、おおむね安心できる会社だと考えてよいのですが、過去に延滞があったり、安定した収入があることや在籍確認も収入証明も不要だったり、さらには、ブラックOKとうたっているような場合です。

ブラックとは、これまでみてきたような安心できるキャッシング会社では審査に通らないような信用情報の状態を指します。

ここまでご覧いただいたみなさまには、キャッシング会社がきちんとみなさまの状態を調べて、安心してキャッシングを利用してもらえる状態であるときに審査に通るというのが鉄則でした。では、こうした鉄則を守らないキャッシング会社というのはどういう会社なのでしょうか。

お気づきの方も多いとは思いますが、それはいはゆる闇金融(ヤミ金融)と言われる会社です。そうした会社には申し込まないようにしましょう。審査に通る通らないに限らず、闇金融(ヤミ金融)では、審査に申込みした時点で、名簿を作成している場合が多くあります。そうした名簿に情報が載ってしまうと、甘いささやきや安心できる会社だと思わせて、高い金利や法律を守らない取立てなどを行う会社に情報が流出してしまいます。

キャッシングとカードローンの違いって?

補足までに、キャッシングとカードローンの違いを簡単にみておきます。一般にキャッシングというと借りたお金を一括で返す、カードローンの場合は分割で返すという風潮がありました。しかし、現在では、そうした区別はゆらいでおり、キャッシングの場合も分割で返済すること可能な場合がほとんどです。

大きな違いといえば、名称の違いよりも、総量規制といって、銀行系でないキャッシング会社の場合は年収の1/3までしか貸すことができないの点があげられます。

以上、審査が通りやすいキャッシングはあるの?と題して、キャッシングについてみてきました。お役に立てましたら幸いです。

▼一緒に読まれている記事
[NEW] 秒速一億円の男!与沢翼の現在
[NEW] お金を借りた体験談
[
人気] 審査が甘いクレジットカードはあるの?
[人気] 楽天カードは審査が甘い?


モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - キャッシング・カードローン, 芸能ニュース, 豆知識・雑学・お役立ち , , , ,