まめちニュース

審査が甘いクレジットカードはあるの?

      2016/06/28





審査が甘いというよりも、審査はきちんと行ったうえで取得しやすいクレジットカードというのは存在するようです。今回は、審査が甘いクレジットカードはあるの?と題して、審査の観点からクレジットカードを見ていこうと思います。

審査が甘いクレジットカードの存在

冒頭に述べましたとおり、審査そのものが「甘い」クレジットカードというのは存在しないと考えてよいでしょう。ですが、以下で詳しく述べますが、ショッピング枠の限度額が低かったり、キャッシング枠を作らない(あるいは限度額を低く設定する)など、申し込みの際に欲張らないことで、審査に通りやすくすることは可能なようです。






ですが、これらは審査が甘いというよりも、審査に通りやすくするひとつの方法であって、審査が甘いクレジットカードというわけではありません。これはクレジットカード会社のリスクを考えると自明のことです。クレジットカードの発行に際して、クレジットカード会社は個人信用情報機関に登録されている個人の情報、具体的には、これまでの他のクレジットカードの利用履歴や延滞がなかったか、また同様に、カードローンやキャッシングの利用履歴や延滞がなかったか、などを参照します。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

もちろん、延滞や金融事故情報などがない限り、クレジットカードの利用履歴、リボ払いや分割払いなどがあることは審査のうえでマイナスにはなりません。むしろ、これまできちんと利用し、支払いも行なってきたという実績、いわゆるクレジットヒストリー(クレヒス)は、クレジットカード審査のうえでプラスに働きます。

----------
途中休憩。アメプラやダイナースプレミアムの取得や使い倒し用の資金は、給料だけでは足らないので、 このツールを使って投資で稼いでいます。有名なので、今さらという方もいらっしゃるかもしれませんが。
----------
あと、現在は株でも、 こちらの無料体験を利用して様子見中です。成績はまたご報告しようと思っています。話を元に戻しますね。
----------

ステータスを売りにしているダイナースクラブカードやアメックスゴールドカードなどは、一般的に審査が厳しいといわれていますが、これはブランド力を維持するためのものであって、例外と考えてよいでしょう。以下では、もう少し詳しく、審査に通りやすくする、ここで言えば審査甘いといわれるクレジットカードについて見ていきたいと思います。

ファミマTカードや楽天カードなど審査が甘いクレジットカードといわれるカードについて

ファミマTカード楽天カードなどのクレジットカードは、ネット上などでしばしば「審査が甘いクレジットカード」として取り上げられます。これは、クレジットカードが、ファミリーマート楽天市場などの買い物と直結したクレジットカードであり、普段からショッピングに慣れ親しんでいる=日常的に買い物ができる経済状態にある、ということが関係していると言われています。

また、これはステータスカードといわれるものにも共通するのですが、インビテーション(一部のブラックカードやプラチナカードなど利用実績を積んで招待されなければ入会できないクレジットカード)と異なり、一例として自ら申し込みが可能なJALダイナースプレミアムカードANAダイナースプレミアムカードを比べると、前者はJALのクレジットカードにダイナースの機能がついているもので、後者はダイナースプレミアムカードにANAの付加するかたちでダイナースの機能が付いています。この場合、JALの利用を前提にするJALダイナースプレミアムカードに比べて、後者のANAダイナースプレミアムカードはダイナースのカードにANAの機能が付いている点が異なり、前者の方が審査に通りやすい(審査が甘い)といわれています。

もちろん、冒頭に述べたとおり、これらのクレジットカードの審査が甘いというわけでなく、審査はきちんと行われたうえで、発行の可否が決められ、その差はクレジットカード会社のブランド戦略に依存するものだと言えましょう。

審査が甘いクレジットカード=若い人向け

クレジットカードの審査のうえで、個人信用情報機関に登録されている情報が重要であると先に述べましたが、若い人(20代前半など)の場合は、はじめてのクレジットカードを作る際には、過去のクレジットカードの利用履歴が無いことになります。

こうした場合に限っては、限度額やキャッシング枠を著しく低く設定することで審査に通りやすい傾向があるのは事実です。例外なので、このケースイコール審査が甘いクレジットカードとするのは性急と考えた方がよいでしょう。

しかし、若い人向けの、例えばヤングゴールドカードといわれるようなクレジットカードの場合は、30才を過ぎた時点で、延滞の過去がない場合に限ってですが、自動的に普通のゴールドカードに切り替えることが可能なので、新規にゴールドカードを発行するよりも審査が甘くなるということはあります。

これはゴールドカード自体の審査が甘いというよりも、それまでの実績があるという点で、審査に有利になることによるものです。これはクレジットカードの審査全般に言えることで、可能であれば早いうちからクレジットカードを作っておくのは、ひとつの手と考えてよいでしょう。

クレジットカードのクレヒスが充実していることで審査に通りやすい

先の話題と重複しますが、クレジットカードの審査のうえで、クレヒスはとても重要な項目になります。キャッシングやカードローンなどで延滞などが無いにも関わらず、30代を過ぎて新規にクレジットカードを作ろうと思って審査に通らない(不合格)になるというケースは多々あります。こうしたケースのほとんどは、過去の利用実績であるクレヒスが無い(真っ白)ことによる信用不足が原因であることが多いといえます。

こうした場合には、ファミマTカード楽天カードイオンのクレジットカードなど、普段の買い物の状況から安定した収入があることを想像してもらえるクレジットカードを作り、利用することでクレヒスを充実させることで、他のクレジットカードの審査を有利に進める材料にすることはできます。

特に楽天カードの場合は、楽天市場での買い物の実績を参照できると考えられるので、普段から楽天市場を使っている方にとっては、審査に通りやすいと考えられます。

審査が甘いクレジットカード=キャッシング枠を作らない

もうひとつ、審査が甘いクレジットカードというか、審査に通りやすくする申し込みの仕方があるといわれています。正社員として勤続年数が長く安定した収入があることを証明できる場合を除いて、キャッシング枠を作らないことで「お金に困っていない」ことをクレジットカード会社側に示すことができることによるものです。

本来、クレジットカード会社にとっては、ショッピングの分割やリボ払いによる利息よりも利息が高いキャッシングは収益上望ましいものですが、クレヒスが無かったり、あっても実績が極端に少なかったりする場合、あるいは、カードローンやキャッシング会社の利用実績ばかりだったりする場合は、クレジットカード会社にとってリスクの高い現金の貸し出しは審査のうえでマイナスになることが多いと言われています。クレジットカードが使えない家賃などの支払いの上でお金に困っているという印象を与えてしまうからでしょう。

ですから、クレジットカードの審査に申し込む際に、キャッシング枠をゼロにすることで、審査に通りやすくするという戦法です。

個人信用情報機関が異なるクレジットカードだと審査に通りやすい?

個人使用信用情報機関には信販系や銀行系など、複数あります。ひとつのクレジットカードの審査に通らなかった場合に、他の個人信用機関を参照するクレジットカードを作ることで審査が甘くなる(審査に通りやすくなる)と言われることがありますが、現在では、こうした複数の個人信用情報機関は連携をとっており、それぞれの情報を横断的に照会することができるので、信憑性は薄いと考えられます。

クレジットカードの審査で不合格になる理由として短期間での複数の申し込みがある?

クレジットカードの審査で不合格になる理由で最も多いのは、クレヒスが無いこと以上に、複数のクレジットカードに申し込むというものがあげられます。やみくもにクレジットカードを作る=経済的に困っている、という印象を与えてしまうためです。入会審査の情報は一日も経たずに個人信用情報機関に登録されるので、クレジットカード会社は審査のうえでこれを参照することができます。一般的に、一度に申し込むのは2枚まで、審査に不合格になったクレジットカードの再度の申し込みは6ヶ月以上空けるのがよいとされています。

審査が甘いクレジットカード=限度額が低いカード

ファミマTカードや楽天カード、イオンのクレジットカードなどは、最初の発行時点では利用限度額が低く設定される傾向があります。クレジットカード会社側のリスクを考えると、こうしたカードに申し込むことは審査に通りやすいと考えられそうです。最初の限度額は低くても、利用していると限度額が上がっていきますし、また、クレヒスが充実してゆくことで他のクレジットカードの審査でも有利に働くので、検討する価値はありそうです。

↓一緒に読まれている記事

[人気] お金を借りてみた
[人気] 秒速1億円の男!与沢翼の現在
[NEW] 審査が通りやすいキャッシングはある?
[人気] クレジットカードステータスランキング


モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - キャッシング・カードローン, クレジットカード, マネー・投資・家計 , , , , , ,