まめちニュース

ブラック企業の選び方

      2015/11/26



モッピー!お金がたまるポイントサイト

[編集長のお小遣いのヒミツ]
 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

ブラック企業の選び方について

この記事では、ブラック企業を「いいブラック企業」と「悪いブラック企業」に分け、どうすれば星の数ほどあるブラック企業のなかから「いいブラック企業」を選ぶことができるかを、いくつもの「自分にとって『いいブラック企業』」を渡り歩きながら幸せに過ごしてきた実体験をもとに共有できればと思います。



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



なお、ここで言う「いいブラック企業」とは、あなた個人にとって「いいブラック企業」であって、万人にとっての「いいブラック企業」ではないことにご注意ください。また、何をもってブラック企業とするかについても様々な意見があると思いますが、ストレスに対して標準よりも高い報酬が得られるブラック企業を「いいブラック企業」とし、その逆にストレスに見合わない報酬しか得られないブラック企業を「悪いブラック企業」としてみてゆきます。

いいブラック企業に入る条件

いいブラック企業を選ぶには、あなたに求められる条件もあります。まず、学歴があるに越したことはありません。ですが、それ以上に、机上の空論でもいいので、会社組織の一般的な慣習を知っておくこと、そして、デザイン、プログラミング、営業など、何か一つだけは武器が必要です。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

いいブラック企業

いいブラック企業、すなわち、あなたが入ってもいいブラック企業について、です。最も望ましいブラック企業は、あなたがナンバー2、あるいは、一歩譲ってナンバー3になることのできるブラック企業です。ブラック企業というのは、だいたい社長とその次の次、つまりナンバー3くらいまでのポジションにつくことができると、当人にとってはブラック企業ではなくなります


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ネットのブラック企業ランキングなどで上位にあがる某飲食チェーンや服飾チェーンなどを見ると明らかで、そんなことは言われなくてもわかっていると文句を言われてしまいそうですが、それはその通り。そうしたブラック企業あなたにとって「悪いブラック企業です。システムの出来上がったブラック企業あなたにとっての「いいブラック企業するのは、とても大変なことで、そうした既に周知されたブラック企業をあなたにとって個人的に「いいブラック企業」にするだけの力があるのなら起業した方が、より簡単に幸福になることができるでしょう。

いいブラック企業は会社の体をなしていない

さて、最も望ましいブラック企業は、あなたがナンバー2あるいは3になることのできるブラック企業であると書きました。この時点で、家族経営のブラック企業はまず除外されます。また、経営者が短期間で儲ける仕組みを作って一発当てたいという野心のないブラック企業もだめです。

さらに、あなたにとってのいいブラック企業は、経営者が2年は会社をまわせるだけの資金を持っており、アイデアと野心、そしてコネクションだけはあるものの、組織としてまわす知識のない会社です。いったん、まとめましょう。しつこいようですが、「あなた」にとっての「いいブラック企業です。

いいブラック企業の経営者

・いいブラック企業の経営者は、2年は会社をまわせるだけの資金を持っている
・いいブラック企業の経営者は、実現可能なアイデアと野心をもっている
・いいブラック企業の経営者は、実現可能なアイデアと野心をもっている「だけ」である
・いいブラック企業の経営者は、デザインセンスがない(アルマーニのトレーナーなんか着てると最高です)

いいブラック企業

・いいブラック企業は、本人と、もう一人二人くらいしか社員がいない(アルバイトだとなおよい)
・いいブラック企業は、会社組織としての体ができていない(創立間もない)
・いいブラック企業は、社会人っぽい人材をまだ抱えていない

いずれかが欠けていてもだめです(もし、入社したブラック企業が上記のいずれかを欠いていたら、さっさと次のブラック企業探しに出かけたほうが時間を無駄にせずに済みます)。また、就業規則が出来上がっているブラック企業なんてだめです。なぜなら、あなたがナンバー2あるいは3になってすることは、あなたが居なければそのブラック企業業務がまわらない状態に持ってゆくことだからです。

いい(と思われる)ブラック企業に入社したら

まずは、ブラック企業の経営者のアイデアに共感を示し、共有しましょう。その実現のために、あなた自身が、何か一つ具体的な協力というか職務を全うします。経営者が頭に描いている壮大な計画のごく一部でよいです。もし、実現したら大金が転がり込んでくるような案件をあなたひとりでまっとうすることをせまられたら、すぐに次のブラック企業探しに出かけましょう。あるいは、本当に、あなた自身でできてしまうのなら、起業されたほうがよいでしょう。

さて、ブラック企業の経営者の壮大な計画の一部、それは命令されたものであってもよいですし、自身から提案したものでも構いません。無理なことをする必要も全てを実現する必要もなく、経営者のアイデアのなかのピースを一つ作るだけでよいのです。できる、という雰囲気を醸し出すだけで十分です。

いい(と思われる)ブラック企業での最初の一歩

ここからが重要です。上記と並行して、それを実現するために、どんな人材が必要か見極め、あなたが担当者となって、大手の求人会社に連絡を取り、いかにも普通の会社の打ち合わせという、ブラック企業の経営者には縁のない感じ、そして、それを「あなたが」担当しているという印象を植えつけましょう(経営者に打ち合わせの了解だけは得ましょう)。スーツを着た相手があなたを訪ねて打ち合わせに来ているという図をつくるだけでいいのでお金はかかりませんし、時間も一社につき1時間程度です。大手の求人会社は5社ほどはあるでしょうから、あなたは5回の打ち合わせを見せ付けることができます。ポイントは、あなたの名前で求人会社が訪ねてくるというところ、そして、あなたが会社のために自ら行動を起こしているところを見せつけられる点にあります。

ブラック企業の経営者は貪欲ですし、一流(がなんだかわかりませんが)の企業のようになりたいという根拠のない空想を持っていることが多いので、こうした、いわゆる会社っぽい姿を見せ付けるのは効果的です。そんなもんはどうでもいいんだ、さっさと稼げバカヤロウ、というタイプの経営者でしたら、そこはあなたがいるべきブラック企業ではありません。悪いブラック企業だと判断したら、すぐに次のブラック企業探しを始めましょう。

ブラック企業の地固めに参画

さて、実際に大手の求人会社に出稿するのは大金が必要になります。ここで、経営者に出稿しましょうなんて言ってはだめです。「高くて話にならない」といったことを伝え、無駄遣いをしないタイプだと印象付けましょう。同時に、あなたができない(壮大なアイデアの)ピースを作り、実際に業務を回してゆくための人材を得るべく数万円程度で済むウェブ主体の求人媒体に出稿するよう打診しましょう。比較検討を経ていれば、ここはスムーズに進むはずです。逆に、人(あなた)を一人雇っただけで計画が全て実現すると考えているような経営者だったら先がないので、夢を見させておいて、さっさと次へ…。

さて、最初の求人対象はアルバイトの方がベターです。ブラック企業の経営者に残業代などという概念は存在しないので、ノーワーク・ノーペイのアルバイトの方が採用させてもらいやすいというのが大きな理由です。

人を揃えるところまで来ました。面接にも必ず同席しましょう。ここでは、あなたのいいところ(ただの社会人っぽさで十分なはずです)を見せるだけでなく、実際に経営者のアイデアを「小規模」で十分なので実現できる人材を採用しましょう。

自分でできるピースを作りながら、3ヶ月程度でここまでくればよいでしょう。ここからも重要です。ブラック企業ですから、あなたはおそらく、入社時に大した雇用契約などしていないでしょう。ですが、あなた以降に入社する方にはアルバイトであろうと社員であろうと、「試用期間」「守秘義務」「上司の指示に従い職務に励むこと」などを記載した入社誓約書を作成し、きちんと署名捺印をしてもらいましょう。

はい、数人の部下ができました。そして、いいブラック企業の経営者であれば、あなたの採用した人材の「入社誓約書」を見て自分の会社が大きくなったと思い機嫌もよくなるでしょう。査定や面談なども、あなたが担当しましょう。

いいブラック企業を、さらにいいブラックス企業に

この時点で、いいブラック企業の経営者からある程度の信頼を得られているはずです。しかも、あなたはナンバー2に近いポジションに居るはずです。あなたがいなければ、このブラック企業の業務は止まってしまうか、ゼロからのスタートになってしまうかのどちらか、という状況になりました。ブラック企業の経営者はゼロからのやり直しを非常に嫌います。本当は仕切りなおした方がいいのに、それをしないゆえに潰れるブラック企業を多く見てきました。

さて、いいブラック企業の経営者といえども、会社っぽくしただけでは満足するはずはありません。経営者の思い描くものなりサービスなりの小型版を作りましょう。と申しますか、この時点では、小型版しかできないはずです。「あとは大きくするだけで儲かる」と感じさせる程度のもので十分です。このプロセスはブラック企業でなくても同様かと思いますが、他の企業とブラック企業の経営者の違いは、後者はそう感じるだけで、相当の満足を得るところにあります。ここから先は、もはやブラック企業というよりも、あなたとあなたの部下の腕にかかっています。うまくゆけば、ステージを経るごとに相当な昇給が見込めるでしょう。この時点で、あなたが、経営者と従業員をつなぐ要になっていれば最高です。というよりも、それを目指してください。いかんせん、あなたにとって「いいブラック企業」は「あなた」がいなければ成立しない会社ですから、高い給料を払ってでも居てもらわなければならない存在なのです。

いいブラック企業にいつまでいるか

あなたの努力や、いいブラック企業の経営者の経験によって、収益とあなたの給料が順調に伸び、まれにあなたにとってのいいブラック企業が、普通の企業になる場合があります。あるいは、あなたと経営者にとってのみの「いいブラック企業」のままかもしれません。いずれにせよ、辞め時は、普通の企業と変わりません。辞めたいときに、辞めて大丈夫なら辞めましょう。少なくとも、あなたは事業のスタートアップに参画したという実績ができています。大きな財産か小さな財産かは、その後のあなた次第です。

悪いブラック企業

念のため、みなさんが「あなたにとって」悪いブラック企業に入ってしまわないよう、悪いブラック企業の特徴も書いておきましょう。これは「あなた」にとっての「いいブラック企業」と対になるものですが、一般論としてのブラック企業とさほど変わりはないでしょう。

悪いブラック企業の経営者

・悪いブラック企業の経営者は、1年程度しか会社をまわせる資金を持っていない
・悪いブラック企業の経営者は、実現可能なアイデアと野心をもっていない
・悪いブラック企業の経営者は、実現可能なアイデアと野心と「実行力」を持っている
・悪いブラック企業の経営者は、デザインセンスがある
・悪いブラック企業の経営者は、頭がよい

悪いブラック企業

・悪いブラック企業は、大勢の社員がいる(ナンバー2や3になれる可能性が極端に低い)
・悪いブラック企業は、会社組織として十分に成立している
・悪いブラック企業は、ナンバー2や3にも高給を払っていない

以上、いいブラック企業の選び方、いかがでしたでしょうか。重要なのは、創業間もない世間知らずな、あるいは知識の偏った経営者のブラック企業を見つけ出し、いかにいいタイミングで入社するか、そして入社後にいかにそのブラック企業にとって不可欠なポジションをとるかという点に尽きます。それなら、創業したばかりの普通のベンチャーでいいのでは?という声も聞こえてきそうですが、そちらはデキル人も集まってくる可能性が高いため競争が激しくなりますので、あえてブラック企業の創業期を狙うのです(腕と頭に覚えがあれば普通のベンチャーでもかまわないとは思います)。

さて、本当の意味でブラックでない企業が存在するのかどうか私は知りませんが、ちょっとした冒険にはなるものの、いわゆるホワイト企業で同じだけの給料を得るよりは簡単だと思います。そこそこに頭がよかったり学歴があったりするにも関わらず、就職に失敗したと結論付けて妥協し、悪いブラック企業で働き続けるよりは、「あなたにとって」の「いいブラック企業」で働くほうが何倍も幸せだと思い、執筆させていただきました。あなたが、すばらしいブラック企業に出遭えますように!

執筆:ミネソタ



[編集長のお小遣いコーナー]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - 観光・旅行, 豆知識・雑学・お役立ち