まめちニュース

本を安く送る!決定版

   





本を安く送る

クロネコメール便が廃止されてずいぶん経ちました。本記事では、本を安く送る決定版と題して、数ある本を安く送る方法の中から、最も需要のあるだろう一般的な以下の条件で、最も本を安く送る方法を2つに絞って解説しています。アマゾンマーケットプレイスやヤフオクなどで本を安く送る際の参考になりましたら幸いです。

本を安く送る方法の条件

・送る本が1kg以内
・一冊ずつ本を送る






本を安く送る方法1位:クリックポスト

クリックポストは日本郵便とヤフージャパンによって共同で提供されているサービスです。ですので、利用するにはヤフージャパンのIDが必要になります。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

ですが、なんとこのクリックポスト、日本全国一律料金で驚きの安さ164円で本(に限らず※詳細は以下参照)を送付できてしまうのです。しかも追跡サービスまでついています。

----------
途中休憩。アメプラやダイナースプレミアムの取得や使い倒し用の資金は、給料だけでは足らないので、 このツールを使って投資で稼いでいます。有名なので、今さらという方もいらっしゃるかもしれませんが。
----------
あと、現在は株でも、 こちらの無料体験を利用して様子見中です。成績はまたご報告しようと思っています。話を元に戻しますね。
----------

重さは1kgまでで、大きさは、長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下と一般的本を安く送るには十分な内容です。

特に便利な点がさらにあります。Yahoo!ウォレットを利用することでネットで決済できるうえ、送り状も自宅のプリンターで出力できてしまうのです。切手貼ったり、郵便局に出しに行ったりする必要なしポストにそのまま投函できるという、究極の本を安く送る方法と言っても過言ではありません。

重さやサイズなどが基準を満たすものであれば、本に限らず利用でき、安く送るという点で汎用性が高いのも特徴です。

この本を安く送る方法1位のクリックポスト、少しまとめてみましょう。

本を安く送る1位:クリックポストのメリット

本を安く送るのに最適!とにかく安い(全国一律164円)
・ネットに接続されたパソコン、そしてプリンタがあれば、郵便局に行く必要が一切無しで楽!
・追跡サービスまで利用できる
・切手不要
本以外も安く送ることができるので、もちろん中身が見えるようにする必要もなし

本を安く送る1位:クリックポストのデメリット

・一度決済してしまうと料金が返還されないので、サイズオーバーなどに注意が必要
・差出人が会員情報の自動入力で変更できないので、複数の名義では送ることができない
・信書は送ることができない(内容物に関する簡単な挨拶状、請求書など無封の添え状や送り状は同封可)
・現金は送ることができない

本を安く送る1位:クリックポスト詳細

クリックポストのサイトにアクセスして、まずは利用登録の申込みと決済方法の手続を行います。その上で、プリンタでクリックポスト専用の宛名ラベルを印刷し、荷物に貼付。あとは、郵便ポスト等に差し出すだけです。送ったものは受取人のポストに投函されます。先に書いたとおり、追跡サービスも利用できますし、日曜日・祝日にも配達してもらえます。

・重さ:1kgまで
・サイズ:長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下
・料金:日本全国一律164円
・差出:ポスト、郵便局のどちらからでもOK

クリックポストについての公式ページ

本を安く送る方法2位:ゆうメール

ゆうメールは以前は冊子小包とし呼ばれていた日本郵便独自のサービスです。以前の名前の通り、本を安く送る方法の過去の1位で、本のほかにもCDやDVD、更にはポスターやカレンダーなども安く送ることができます。ただし、クリックポストと異なり、送ることができるのは上に掲げた本など冊子形式のもの・CD・DVD・ポスターやカレンダーなどに限られます。

では、なぜ本を安く送る方法2位に輝いたかというと、送ることのできるサイズが大きいのです。なんと、3辺の合計サイズが下記の通り1.7メートルまでOK。カレンダーなどを筒状にして送ることもできますし、大き目の冊子も安く送ることができるのです。そして、本を安く送る方法1位よりも重くても大丈夫、余裕の3kgまで送ることができます(料金は重さによって変わります※下記参照)

この本を安く送る方法2位のゆうメールについても、まとめてみます。

本を安く送る2位:ゆうメールのメリット

・3辺の合計が1.7メートルまでとサイズが大きくても大丈夫!筒状にしたカレンダーなども送ることが可能!
・着払いを下記料金にプラス21円で利用可能

本を安く送る2位:ゆうメールのデメリット

・1kgを超える本の場合は、重さ4kgまで一律料金360円のレターパックライトの方が安い場合がある(ただしレターパックライトのサイズは長辺34cm以下、短辺24.8cm以下、厚さ3cm以下なので、そういう本は少ないゆえ本を安く送るにはあまり適さない)
・追跡サービスは利用不可
・切手を貼る必要がある
・重さによって料金が変わるので重量計算が必要になる
・内容物が印刷された冊子状のモノ・本・書籍・CD・DVD・カレンダー等に限定されるので、中身が見えるようにするか郵便局で見本を提示する必要がある

本を安く送る2位:ゆうメール詳細

・重さ:3kgまで
・大きさ:長辺、短辺、高さの合計が1.7メートル以内
・差出:ポスト、郵便局のどちらからも可
・外装の見やすい所に「ゆうメール」と表記する必要あり
・料金(全国均一):
~150g  ~250g  ~500g  ~1kg  ~2kg  ~3kg
180円  215円  300円  350円  460円  610円
・着払いの場合:上記の料金にプラス21円で利用可
▼次のいずれかの方法により、内容品が確認できるようにする必要あり。
1) 封筒または袋の納入口などの一部を開く。
2) 包装の外部に無色透明の部分を設ける。
3) 内容品の見本を郵便局で提示する。
▼ゆうメールでは送ることができないもの
・信書(内容物に関する簡単な挨拶状、請求書など無封の添え状や送り状は同封可)
・印刷を利用していないもの(手書きの紙など)
・現金は送ることはできない

ゆうメールの公式ページ
→参考:レターパックライトの公式ページはこちら

以上、本を安く送る方法、いかがでしょうか。多くのケースでは、やはり本を安く送る方法1位のクリックポストで決まりではないでしょうか。本を安く送る際のお役に立てましたら嬉しいです。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - マネー・投資・家計, 豆知識・雑学・お役立ち