まめちニュース

カードローン比較サイトの落とし穴

      2016/05/12



本題の前に・・・

[編集長のお小遣いのヒミツ]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

モッピーのページを見てみる

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

モッピーのページを見てみる

カードローン比較サイトなどを見ていると「できるだけ少額の限度額」を設定した方がいいとしばしば耳にします。ですが、これは本当でしょうか?

関連:キャッシングやカードローンに関する記事一覧




[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピーのページを見てみる

[お小遣い稼ごう!]

 1万はすぐ、頑張れば10万、100万はちょっと大変、そんなポイントサイトは、400万人が利用するモッピー。編集長のお小遣いを支える秘密を共有します(編集長はモッピーで初月に10万を超えました)。モッピーのサイトを見てみてください。今まで損していた気分になること間違いなし!

モッピーのページを見てみる

今回はカードローン比較サイトの落とし穴と題して、中立的な立場で、カードローンの実際のところ、特にいかにして有利に契約するか等を見ていこうと思います。また、カードローンの限度額の目安などについても言及してます。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

カードローンは限度額が高い方が有利

カードローン比較サイト実際に見てみるとわかるのですが、必要な額だけを限度額にしましょうなんて文句をよく見かけます。


これはとにかく契約させることで、カードローン比較サイトの運営会社が収益を上げるために書いているものが大多数です。借り過ぎないように、という親切心もあるかもしれませんが、分別さえあれば借り過ぎないようにすることは可能です。

カードローンに限らず、もっとも重要なのは金利が低いこと。そう考えると、実際に借りる額に関係なく限度額が高いほど金利は低くなります。つまり、限度額は、自分が審査に通る範囲(以下で限度額の目安を解説します)で可能な限り高いほうが有利なのです。

カードローンは銀行系で決まり

たくさんあるカードローン比較サイトなどを見てみていると、消費者金融系や信販系のカードローンなどがオススメとして上位にあることが多いのですが、これも、あなたが契約した際にサイト運営会社に支払われる金額が高いからというのが理由です。

利息が高いところほど、会員集めに使うお金も大きく用意できるため、ランキング1位などとして、消費者金融系や信販系のカードローンがあげられることが多いのです。

そもそも消費者金融系や信販系のカードローン総量規制の対象で、合計額を収入の1/3以上に設定することができません。この1/3には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれますから、結果的に限度額が低く、利息が高いという、不利な条件で契約を結ぶことになってしまいます。

カードローンを契約するのなら、収入の面で銀行系カードローンの審査に通過するのが難しい場合を除いて、必ず銀行系カードローンを選択すべきです。次の項でも書きますが、銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、限度額を高く設定でき、その結果、金利が低い有利な条件でお金を借りることができるのです。

カードローンの限度額目安

カードローンを契約するなら限度額が高いほうが有利だと書きましたが、では実際に、いくらくらいで申請すればよいのでしょうか。

結論としては、はじめてカードローンに申込む際の限度額の目安は、年収の半分位と考えてよいでしょう。また、多くのカードローン会社は、限度額が300万円以下や200万円以下の場合は収入証明書類を不要としていますので、その範囲での上限で申請するのも有効です。

例えば限度額を300万円で申請したからといって、カードローン会社は必ず300万円を限度額としてくれるわけではなく、信用情報や申告した年収を参照した上で、例えばですが、限度額が260万円など少し低めになることもあります。ですが、はじめから、カードローン比較サイトのいうように少額の10万円などで申請しては、それが260万円の限度額になることはほぼありません

カードローンでも限度額が低いとキャッシングと大差なし

カードローン会社の利息が低いというのは、限度額が大きい場合に限った話で、例えば10万円や20万円程度ですと、クレジットカードのキャッシングとほとんど変わらないような高い金利に設定されてしまいます。

これでは、いくら銀行系のカードローン会社を選んだとしても、意味がありません。特に注意したい点です。

もちろん、多くのカードローン比較サイトは正しい情報を提供してくれていますから、見る目、選ぶ目さえあれば、そうしたサイトを有効に活用することができます。

具体的なカードローンの選び方としては:

・総量規制対象外の銀行系カードローンに絞り込む
・自分が通りそうな最大の限度額のなかから最も利息の低いカードローンを選ぶ

これだけです。

消費者金融系の限度額の低いカードローンしか審査に通らない結果になってしまった場合はしかたありませんが、試してみるのはただですから、少しでも有利な条件でカードローンを契約できるように試みるのが得策です。

カードローンを含め、借金など自分には無縁だと思われる方も多いでしょうけれど、いつ何が起こるか分からない時代です。そうした方にとっても、実際に今すぐお金を借りるつもりはなくともカードローンで限度額を高く低金利で契約しておいて、不測の事態に備えるというのはひとつのリスク管理になるのではないでしょうか。何か起こってからでは、限度額が低く、高い金利、つまり不利な条件でしか契約できなくなってしまいますから。

以上、カードローン比較サイトの落とし穴と題して、駆け足でお送りしました。何かのお役に立てましたら幸いです(お金を借りた体験談はこちら)。

関連:キャッシングやカードローンに関する記事一覧

クレジットカード関連記事:
アメックスプラチナと年収
プラチナカードへの道
アメックスプラチナを解約した理由
アメックスセンチュリオン
アメックスプラチナカード乱発スタート
ダイナースプレミアムはプレミアム?
審査ゆるゆる迷走中!ダイナースプレミアムカード
ブラックカードと芸能人
アメックス審査の裏情報
ステータスカード
カードローン比較サイトの落とし穴



[お小遣い稼ごう!]

 1万はすぐ、頑張れば10万、100万はちょっと大変、そんなポイントサイトは、400万人が利用するモッピー。編集長のお小遣いを支える秘密を共有します(編集長はモッピーで初月に10万を超えました)。モッピーのサイトを見てみてください。今まで損していた気分になること間違いなし!

モッピーのページを見てみる


モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - キャッシング・カードローン, クレジットカード, マネー・投資・家計, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , , ,