まめちニュース

マツコデラックス:体重・高校・本名は?

      2016/01/12



モッピー!お金がたまるポイントサイト

マツコデラックスのデビューは?体重高校本名は?物理的に画面からはみ出すほどの風格と物怖じしないトークセンスでテレビや雑誌をにぎわせる上で欠かせない存在。今回の記事では、そんなマツコデラックス体重高校本名といった基本情報、そして、デビューにいたる経緯などを追ってみたいと思います。



少し話が変わります。みなさん、モッピーはもう使っていますか?約600万人(なんと人口の5パーセント!)が利用する、1ポイント=1円の、とてもわかりやすいお小遣い稼ぎの無料ポイントサイトです。私はずいぶん長く使っているのですが、1万はスグ、1ヶ月あれば10万、短期で100万はちょっと厳しいか、という感じです。普段の買い物やアンケートでも貯まりますし、一件で1万円近くになる案件も頻繁に出てくるので、ちょこちょこチェックしていたら、私の場合は初月で10万円を超えました。使って損はないサービスなので、お小遣い稼ぎに興味があったら、ぜひ見てみてくださいね。モッピーはこちらです。以上、情報コーナーでした。話を戻します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト




マツコデラックスのデビューは?体重・高校・本名は?

マツコデラックスの本名

マツコでラックス本名を知りたい方がなぜいるのか私には皆目見当もつきませんでしたが、気になりだしたらとまらないのがマツコデラックスという存在。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

さっそくマツコデラックスの本名を調べてみましたら、意外にも簡単に発見。マツコデラックス、卒業アルバムが流出しているのですね。


それによると、マツコデラックス本名は「松井貴博」。読み方は「たかひろ」でしょう。いったい如何にして、この松井貴博なる人物がマツコデラックスに相成ったのかは、以下で解説しますね。

マツコデラックスの体重

マツコデラックス体重。あのずっしりとした、物怖じしない風格は、やはりマツコデラックス体重によるところが大きいと思われます。

そんなマツコデラックスの体重は、なんと芸能界で最も重い140キロ。そして、スリーサイズは180センチ×3!この潔さと省エネ志向のプロフィールには脱帽です。

ついでなので、マツコデラックス身長も調べてみました。マツコデラックス身長178cm。体重と合わせると、巨漢という言葉がぴったりです。そりゃ、あの厳しい芸能界でも物怖じなんてしないわけです。

マツコデラックスの高校

マツコデラックス高校というと、キムタクこと木村拓哉と同じ高校だったという話が有名ですね。マツコデラックスが、そしてキムタクが通っていた高校は、千葉県にある千葉県立犢橋高校犢橋は「こてはし」と読みます。

キムタクの方は2年次から東京の代々木高校へ編入しているので、一年間だけですが、マツコデラックスキムタク高校がかぶっています。

高校卒業後のマツコデラックス

マツコデラックスは高校を卒業後は、東京のマックス美容専門学校というところに入学し、きちんと卒業。マツコデラックス美容師として働き始めます。

ですが「なにかが違う」と感じます。こうしたさなかに、アクティブな同性愛者たちの姿を見て奮起、男性の同性愛者向け雑誌「Badi」の編集部に転職します。転職したマツコデラックスは、同誌で記者や編集者として働きました。ちなみに、マツコデラックスは子供時代から自分が同性愛者であることを自覚していたそうです。

さて、その後、20代の後半に退職し、実家でのひきこもり生活を送っていたそうです。今のアクティブなマツコデラックスからは想像できませんが、もしかしたら本当は大人しい方なのかもしれません。

マツコデラックスのデビュー

美容師を退職後、同性愛雑誌の編集者を経て、ひきこもりとなった松井貴博マツコデラックスの本名)、この松井貴博はいかにしてマツコデラックスになったのでしょうか。

ここにはひとつの縁がありました。マツコデラックスが編集者時代に書いた記事を、小説家で浪費家の中村うさぎが読んでいたのだそうで、その中村うさぎがホスト役を務めていた対談集のゲストにマツコデラックスは抜擢されます。

この瞬間に、マツコデラックスが誕生しました。ちなみに「デラックス」とつけたのは豪華な感じがするからとのことで、そのまんま、のようです。

この対談集で、個性的なビジュアルと歯に衣着せぬ抜群のトークセンスを発揮し、マツコデラックスは世間からの注目を浴びるようになります。現在のマツコデラックスを生み出したのは、マツコデラックス本人の秘めたスキルだけでなく、中村うさぎの抜擢によるところが大きかったのですね。

また、この対談を経て、中村うさぎマツコデラックス文才を高く評価し、「あんたは書くべき人間」と評したそうです。

2000年ごろ、マツコデラックスはキムタクと同じ1972年生まれですから、28歳ころでしょうか、巨大な女装家というスタイルでタレント活動やコラムの執筆などを開始、マツコデラックスの知名度は一気に上昇。

このようにして、現在、私たちの知るマツコデラックス誕生しました。

以上、マツコデラックス体重高校本名、そしてデビューに至るまでの経緯を駆け足で見てきました。意外でしたでしょうか、納得の過去でしたでしょうか?楽しんでいただけましたら幸いです。

こちらもいかが?→ブラックカードを持ってる芸能人



[編集長のお小遣いコーナー]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - 芸能ニュース, 芸能人・有名人, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , ,