まめちニュース

がん闘病記ブログ集

      2016/01/06





このページでは様々ながん闘病記ブログ集へのリンクを掲載しています。リンク先では、闘病記ブログ執筆者の別やがんの種類などを詳細に記載することで、がん闘病記ブログをお探しの方が目的のブログを見つけやすいよう配慮しています。以下の順に各種がんの闘病記ブログ集へのリンクを設置し、また簡単な各種がんの解説も掲載しています。

乳がん(乳癌)闘病記ブログ
子宮頸がん・子宮がん闘病記ブログ
皮膚がん・メラノーマ闘病記ブログ
胃がん(胃癌)闘病記ブログ
肺がん(肺癌)闘病記ブログ
悪性リンパ腫・白血病の闘病記ブログ






乳がん(乳癌)闘病記ブログ

乳がん(乳癌)闘病記ブログ集


モッピー!お金がたまるポイントサイト

乳がん(乳癌)について:
乳がんの多くは乳管から発生し、正式には「乳管がん」と呼ばれます。なお、小葉から発生する乳がんは「小葉がん」と呼ばれ、乳がん組織を顕微鏡で病理検査をすることで区別します。

----------
途中休憩。アメプラやダイナースプレミアムの取得や使い倒し用の資金は、給料だけでは足らないので、 このツールを使って投資で稼いでいます。有名なので、今さらという方もいらっしゃるかもしれませんが。
----------
あと、現在は株でも、 こちらの無料体験を利用して様子見中です。成績はまたご報告しようと思っています。話を元に戻しますね。
----------

乳がんは、しこりとして見つかる前に、乳房の周りのリンパ節や遠くの臓器(骨、肺、胸膜、肝臓、脳など)に転移して見つかることもあります。乳がんの種類や性質によって、広がりやすさ、転移しやすさは、大きく異なる特徴があります。

子宮頸がん・子宮がん闘病記ブログ

子宮頸がん(子宮頸癌)・子宮がん(子宮癌)闘病記ブログ集

子宮頸がん(子宮頸癌)・子宮がん(子宮癌)について:

婦人科領域のがんで最も多い子宮がんには、子宮頸がん子宮体がんがあり、子宮体がん子宮内膜がんともよばれます。これは、子宮体部の内側にある子宮内膜から発生します。一方で、子宮頸がんは子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分から発生するものを指します。

子宮がん子宮の入り口付近に発生することが多く、観察や検査がしやすいので、比較的に発見されやすいがんであると言えます。また、早期に発見することで治療しやすく予後のよいがんですが、進行してしまうと治療が難しくなることから、早期発見が極めて重要ながんと言えます。

皮膚がん・メラノーマ闘病記ブログ

皮膚がん・メラノーマ(悪性黒色腫)闘病記ブログ集

皮膚がん・メラノーマについて:

皮膚は表面に近い部分から表皮、真皮、その深部の皮下組織の3つの部分に大きく分かれます。これらの組織を構成する細胞が悪性化したものが皮膚がんと呼ばれます。

皮膚の異常は目で見てわかりますので、皮膚がんは早期に発見できる可能性が高いがんと言えます。何十年も前に跡を残して治ったやけどや外傷の傷跡、長期間にわたる感染症の反復から皮膚がんが発生したり、ほくろ湿疹だと思っていたものが実はがんであるケースもあります。

悪性黒色腫皮膚癌のひとつで、とても悪性度が高いがんと言われています。皮膚の色と関係するメラニン色素を産生するメラノサイトと呼ばれる細胞があり、悪性黒色腫はこのメラノサイトやほくろの細胞が悪性化したものと考えられ、単に黒色腫またはメラノーマと呼ばれることもあります。

胃がん(胃癌)闘病記ブログ

胃がん(胃癌)闘病記ブログ集

胃がん(胃癌)について:

胃がんは、胃壁の最も内側にある粘膜内の細胞ががん細胞になったものです。胃癌分化型と未分化型に大きく分類できます。

胃がんは、粘膜内の分泌細胞や、分泌物を胃の中に導く導管の細胞から発生し、年単位の時間がかかり、数ミリ程度の大きさになったあたりから発見可能になります。それゆえに、胃がん検診などで発見できる大きさになるまでに、発生から何年もかかると言われます。

胃がんはには、胃の内側へも進行するものと、水平方向に広がる表層進展型があります。

肺がん(肺癌)闘病記ブログ

肺がん(肺癌)闘病記ブログ集

肺がん(肺癌)について:

肺がんは肺の気管、気管支、肺胞の一部の細胞が、がん化したものです。肺がんは進行するにつれ周りの組織を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れにより広がっていきます。

肺がん喫煙との関係が非常に深いと言われるがんですが、たばこを吸わない人でも発症することがあります。また、受動喫煙により発症リスクが高まることも判明しています。近年、肺がんは日本人のがんによる死亡原因のトップとなりましたが、今後も増加する傾向にあると言われています。

悪性リンパ腫・白血病の闘病記ブログ

悪性リンパ腫・白血病ブログ集

悪性リンパ腫・白血病について:

血液のがんは「造血幹細胞」がどの段階でがん化したかによって大きく異なります。造血幹細胞は、おもに骨の中の骨髄に存在して、赤血球や白血球、血小板などを生み出す元となる細胞です。同じ細胞から複数の血球系の細胞が作られることを「分化」と言います。

この造血幹細胞が分化する初期の段階でがん化した場合が白血病」です。また、ある程度分化し「リンパ系細胞」になった段階でがん化すると悪性リンパ腫」になり、さらにリンパ系細胞が成熟した段階でがん化すると「多発性骨髄腫」になります。がん細胞の増殖スピードも異なり、白血病では増殖が速く、短期間で正常な血球が作られなくなります。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - メンタルヘルス・健康, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , , , , , , , , , , , , , ,