まめちニュース

自己破産が子供や家族へ与える影響は?

      2016/05/12



本題の前に・・・

[編集長のお小遣いのヒミツ]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

モッピーのページを見てみる

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

モッピーのページを見てみる

ご家族・子供さんがいらっしゃる方にとって、自己破産するうえで大切な家族や子供への影響はとても気になるのではないでしょうか?本記事では、自己破産が家族や子供に及ぼす影響についてみていきたいと思います。

関連:キャッシングやカードローンに関する記事一覧




[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピーのページを見てみる

[お小遣い稼ごう!]

 1万はすぐ、頑張れば10万、100万はちょっと大変、そんなポイントサイトは、400万人が利用するモッピー。編集長のお小遣いを支える秘密を共有します(編集長はモッピーで初月に10万を超えました)。モッピーのサイトを見てみてください。今まで損していた気分になること間違いなし!

モッピーのページを見てみる

自己破産の子供への影響

子供が既に成人し、就職等をして独自に生計を立てている場合は、戸籍的には親子関係であっても全くの別人格となります。ゆえに、同居しているか否かに関係なく、親の自己破産が子供に影響を及ぼすことは基本的にはありません(詳細は以下)。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

自己破産が子供のローンやクレジットカード新規申込に与える影響

自己破産した方の子供クレジットカードローンの申込をする際にも、基本的に影響はないと考えてよいでしょう。ただし、住所や苗字等が同じ場合は、自己破産の際に借り入れしていたクレジットカード会社などの審査は厳しくなる可能性はあり得ます。


自己破産の子供の進学への影響

子供が大学などに進学する際にも、家族が自己破産したことを知れられたり、自己破産したことが影響を及ぼすことは、ありません。

自己破産の子供の就職への影響

就職に関しても進学とほぼ同様で、影響を及ぼすことは基本的にありません。

ですが、銀行や保険関係など金融商品を扱う会社、土地や不動産などの財産を扱う業種では、両親の状況について就職の際のチェックが厳しくなる場合があるようです。

こうした業種について、表向きには親の自己破産を不採用理由とはできませんが、就職試験の結果の問合せは受け付けない企業が多く、親の自己破産が原因かどうかはわからないというのが実情です。

自己破産の子供の結婚への影響

子供の結婚については、結婚相手結婚相手の家族に自分の親の自己破産の事実がばれてしまうことも一般的にはありません。

しかし、自己破産をすると「官報」に掲載されるので、例外的ではありますけれども、興信所などが調査をした場合はこの限りではなく、結婚相手結婚相手の親にばれないという保証はありません。

自己破産が家族に及ぼす影響

子供への影響と同様、自己破産は原則として、自己破産をした本人にのみ適用されます。ですから、自己破産の影響が家族に直接的に及ぶことはまずありません。

ですが、自己破産の申請者がマイホーム自動車などを持っている場合は、こうした財産はすべて処分されてしまいます。この点においては、家族への影響がゼロという訳にはいかない場合もあることは考えておかなければなりません。

ただし、99万円以下の財産は自由財産として自己破産した方の手元に残すことができるようになっています。

注意したいのは、家族が連帯保証人になっている場合です。

自己破産した方の家族などが借金などの連帯保証人となっている場合には、債権者からの取立てが連帯保証人に対して行われることになります。この場合は、離婚しても借金の支払義務がなくなるということはありませんので、注意が必要です。

家族が、自己破産された方の連帯保証人なっていない場合は、家族が所有している不動産や自動車、預貯金を処分されるということはありません

また、子供への影響と重複しますが、自己破産した方の家族クレジットカードを作ったり、各種のローンなどを利用する場合についても、自己破産された方が家族にいるということで審査が不利になることは基本的にはありません(クレジットカードに関しての例外は前述)。

基本的にと書いたのは、銀行や金融機関などによっては、家族に自己破産された方がいる場合に、各種ローンの申し込み審査において融資不可とすることがあるからです。これは、銀行やローン会社によって異なり、一概には言えないものとなります。

また、自己破産の結果ではなく、自己破産を申請するに当たっては、自己破産を申立てる際に裁判所から同居家族の収入を証明する書面や通帳のコピー等の資料の提出を求められることがあります。また、債権者から家族へ連絡がいくこともあります。こうした点では、ご家族にとっても多少の面倒は、かける可能性はあります。

関連:キャッシングやカードローンに関する記事一覧



[お小遣い稼ごう!]

 1万はすぐ、頑張れば10万、100万はちょっと大変、そんなポイントサイトは、400万人が利用するモッピー。編集長のお小遣いを支える秘密を共有します(編集長はモッピーで初月に10万を超えました)。モッピーのサイトを見てみてください。今まで損していた気分になること間違いなし!

モッピーのページを見てみる


モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - キャッシング・カードローン, マネー・投資・家計, 豆知識・雑学・お役立ち , , , , , , , , , ,