まめちニュース

パニック障害の芸能人

      2016/01/03



モッピー!お金がたまるポイントサイト

パニック障害を患ったことのある芸能人についての記事です。パニック障害という病気にも触れています。



少し話が変わります。みなさん、モッピーはもう使っていますか?約600万人(なんと人口の5パーセント!)が利用する、1ポイント=1円の、とてもわかりやすいお小遣い稼ぎの無料ポイントサイトです。私はずいぶん長く使っているのですが、1万はスグ、1ヶ月あれば10万、短期で100万はちょっと厳しいか、という感じです。普段の買い物やアンケートでも貯まりますし、一件で1万円近くになる案件も頻繁に出てくるので、ちょこちょこチェックしていたら、私の場合は初月で10万円を超えました。使って損はないサービスなので、お小遣い稼ぎに興味があったら、ぜひ見てみてくださいね。モッピーはこちらです。以上、情報コーナーでした。話を戻します。

モッピー!お金がたまるポイントサイト




パニック障害とは

まず、パニック障害とはどんな病気なのでしょう。パニック障害は、高所恐怖症や対人恐怖症といった、具体的な「何かが怖い」という症状とは異なり、「なんだかわからない恐怖」が発作的にやってくるのが特徴です。パニック障害の主な特徴がパニック発作と言われる所以はここにあります。

パニック障害に特徴的な強烈な不安は、パニック障害以外の方には「わからない類」の不安だと思います。と言えるのは、今さらですが、私自身が重度のパニック障害を患っていた時期が長くあり、パニック障害の症状以外の場面で似たような種類の不安に襲われたことがないからゆえの見解です。


モッピー!お金がたまるポイントサイト

パニック障害の方は、苦手な場所を持っているケースが多く、パニック障害の予期不安そしてパニック発作は、そうした場所に居ることをキッカケとして起こることが多いといわれています。ただし、これは一般的な例で、同じパニック障害であっても重度の場合は、苦手な場所だけでなく、普段は平気に過ごしている日常のなかで、突然にパニック障害の症状が現れる場合もあります。意識的に避けられる苦手な場所と異なる点で、コントロールしにくい点がやっかいです。


パニック障害と芸能人

パニック障害を患っている一般の方にとっては、パニック障害なのに舞台やステージなど失敗の許されない状況で活躍している芸能人「すごい」を通り越して「可能なのか?」と思えるのではないでしょうか。私自身、パニック障害を患いながら活躍する芸能人の方がいるなんて最初は信じられませんでした。

ですが、同時に、パニック障害でもうまく付き合えさえすれば、やりたいことができるのだと、とても大きな励みにもなりました。以下、パニック障害を患っている(患っていた)と言われる芸能人の方々をご紹介することで、パニック障害の方の励みになれば幸いです。

パニック障害の芸能人:堂本剛さん

パニック障害の芸能人として、しばしば話題にのぼる堂本剛さん。ジャニーズ事務所に所属し、芸能活動を本格的に展開するために、関西から上京した15歳の頃、パニック障害を発症したといわれています。

堂本剛さんの場合は、関係者によりますと、芸能人としての「堂本剛」という存在と、本来の自分の間のギャップによって過剰なストレス下にあったことに加え、単身での上京による生活の不慣れが重なり、パニック障害を発症したと言われています。ですが、歌手という本来の自分の在り方で活動できる道を見出したことで、パニック障害とうまく付き合い、今日のように様々な方面で活躍する芸能人堂本剛」となったそうです。

パニック障害の芸能人:Yuiさん

元シンガーソングライターのYuiさんもパニック障害の芸能人として話題になることの多い芸能人ですね。現在は「FLOWER FLOWER」というロックバンドのボーカルをつとめるYuiさんですが、過去に、パニック障害の症状を抑える薬(精神安定剤・抗不安剤)をアルコールとともに摂取し、救急搬送されたことがあります。

パニック障害の辛さに耐えられずにそのようなことになってしまったのか、あるいは、他の事情もあってのことだったのかは想像することしか出来ませんが、パニック障害を抱えた芸能人ならではの悩みはYuiさんの場合も少なからず影響していたのではないかと思います。

芸能人のなかでも、Yuiさんのように音楽という一発勝負の場が多いシンガーソングライターという職業ゆえのパニック障害の悩みは、私のように舞台に上がるような仕事ではない者にとっては想像するだけでもとても大きなものだっただろうと思われます。現在は、療養しながらパニック障害を治療してゆくことを表明されています。

パニック障害の芸能人:長嶋一茂さん

元プロ野球選手の長嶋一茂さん。長嶋茂雄さんの息子さんですね。長嶋一茂さんも、芸能人としてバラエティー番組やニュース番組に数多く出演して活躍されている芸能人ですね。長嶋一茂さんの場合は、プロ野球選手時代パニック障害を患っていたとのことです。

当時は、パニック障害のほかにも過換気症候群などを併発し、バッターボックスに立つことさえ困難だったこともあると長嶋一茂さんご自身が語っていらっしゃいます。長嶋一茂さんの場合はプロ野球を引退し、芸能人となったことによって、ストレスが減少し、現在はパニック障害を克服されたとのことです。

パニック障害の芸能人:IKKOさん

オネエ芸能人として活躍されているIKKOさんも、パニック障害を患っていた芸能人として有名です。パニック障害の発症は、個人事務所を立ち上げた30代後半だったとのこと。あんなに明るい芸能人という印象のIKKOさんもパニック障害と戦っていたのですね。

もしかしたら、パニック障害という病気の辛さを経験したからこそ、トゲのなかにも優しさのある発言ができる芸能人なのかなと思います。IKKOさんは現在はパニック障害を克服されて、芸能人として活躍されているようです。

パニック障害の芸能人:中川剛さん

M-1グランプリ覇者の中川家の中川剛さんも芸能人パニック障害を患っていたお一人とのこと。パニック障害を発症していたことは多くのテレビ番組でご自身が語っておられます。

芸能人としての活動を休業せざるをえないほどパニック障害が悪化した時期もあったそうですが、現在はパニック障害を克服され、芸能人として活躍されています。

パニック障害の芸能人は元々ストレスに弱かった?

パニック障害の芸能人については様々なサイト上で取り上げられていますが、そのなかで、もともとストレスに弱かったことが理由でパニック障害になったのではないかという記述が時々みられます。

完全に否定することはできませんが、個人的な見解として、こちらで紹介させていただいたパニック障害の芸能人の方をみても、もともとストレスに弱かったというよりも、過剰なストレスが「きかっけ」となってパニック障害を発症することになった方が多いように思われます。スポーツ選手や芸能人になっていること自体、ストレスに弱かったらできない職業じゃないかな、というのがその理由です(あくまで個人的な見解です)。

こちらもいかが?→ブラックカードを持ってる芸能人

パニック障害関連記事:
パニック障害の症状・体験談



[編集長のお小遣いコーナー]

 記事より役立つ情報かもしれません。みなさん、モッピー使ってますか?有名なので今更という感じでしょうか。編集長のお小遣いを担うモッピーは、400万人が利用する現金や電子マネーなどに簡単に交換できる無料のポイントサイトです。

[モッピーの感想]

 いろいろなポイントサイトを利用してきましたが、モッピーが一番稼げるというのが率直な感想です。
 編集長の感触としては、1万はスグ、ちょっと頑張れば10万、でも短期で100万はちょっと難しいか、という感じです。
 アンケートに答えたり、モッピー経由でいつもの買い物をするだけでどんどんポイントが貯まります。1件で1万円越えの高額報酬なんてのもたくさん!(編集長はこれで初月に10万超えました)。

[モッピーで稼ぐコツ]

 1件で1万円前後の高額案件をこなしつつ、スマホで空き時間にできるアンケートでポイントを貯めるのが基本。日常で利用するamazonなど有名どころのネット通販で勝手にポイントが貯まるのも要チェック!
 それから、高額案件は次々に登場するので、欠かさずにチェックすることを習慣にしてガツンと稼げば、年間で数十万円は手の届く範囲になります。

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - メンタルヘルス・健康, 芸能ニュース, 芸能人・有名人 ,